2010年7月9日金曜日

Stanford MBA:新しいアイディア

ジェルとは違うビジネスのアイディアを思いついた。(ジェルのビジネスについては、こちらをご参照ください)

スタンフォードMBAにきて、最初に訪れた変化は、頭に常に新しいビジネスアイディアが浮かぶこと。日本にいて、エッセイを書いているときに、「新しいビジネスのアイディアをエッセイに書きたい」と思ったが、何も思いつかなかった。

そこで、当時、色々リサーチしたところ、Stanford iTunesで「どうやって新しいビジネスのアイディアを思いついたんですか」と聞かれた起業家が、「友達とビールを毎日飲んでいるうちに」と応えていたのをみつけた。このときには、何を言っているのか、全く理解できなかったが、留学して、意味がわかるようになった。シリコンバレーでは、人と話しをする度に、なぜか、どんどん新しいビジネスのアイディアが、浮かび、発展していくのだ。これはビールを飲んでいても、お寿司を食べていても同じ。

今回思いついたアイディアは、今までビールを飲んで、お寿司を食べて、友達と(ふざけて)話してきた内容を集大成したものになりそうだ。

以下の人が必要になりそうだ。

①ネットで大量の情報を通信することに長けたプログラマー
②セレブリティーに精通している人(セレブリティーな人と上手く話せる、など)

②について、考えていたのだが、クラスメートのポール・デネブに御願いしてみよう。ポールは、エルメスやシャネルと並ぶ、ファッション業界の星、ランバン(LANVIN)の元CEOだ。彼が、スタンフォードビジネススクールに留学するためにランバンを辞めたときには、こちらの記事にあるとおり、ニュースになった。また、こちらにあるように、結構、ニュースに出ている。


(写真左がポール。真ん中は、親友の世界有数のデザイナーで、数100億円の株式を持つと言われて
いる。)

ニュースにも出ており、ファッションショーで、数々の有名人に会っている彼なら、全く問題なさそうだ。

ビジネススクールでも、一緒に、ヘルスケア業界に関するビジネスプランを書いた。そのビジネスは、現在、別のクラスメートが起業の準備をしている。当時は、ポールが誰かも良く知らなかったので、パソコンを打つのが遅い彼が、(私に代わりにパソコンを打たせたいこともあり)「Y.I.、ミーティングの回数が足りない。もっと会おうよ」と言ってきても、「別々に仕事をして最後に会おうよ」と断ったりしていた。最後は仲良くなって、彼の自宅で、お互いにキャリアについて話したり、アマルフィの話をしたり、ファッションショーに来るセレブリティーがどんな人か、といった話をした。

ポールには、ファッション業界のプライベートエクイティや企業から、いくつも「CEOになって欲しい」という話が来ており、また、自分で、最強のデザイナーと組んで起業したいという希望もあるようだ。これだけの人をフルタイムで、ファッション以外の会社に入ってもらうのは厳しい。コミットメントの多いアドバイザーということで頼んでみよう。あとは、引き受けてくれることを願うばかり。アイディアの詳細は、実際にビジネスが具体化するか、または、やらないと決めたら、ブログで御紹介したいと思う。

1 件のコメント:

康介 さんのコメント...

おお、さらにMBAに興味が湧いてきました!!

日本に帰ってくることがありましたら、ぜひいろいろなお話を聞かせてください!!