2009年2月28日土曜日

All Lives Have Equal Value

Bill & Melinda Gates FoundationのCEOであるJeff Raikes氏がお昼の講演に来校されました。

スタンフォードMBAでは、ほぼ毎日各界のリーダー・トップが学校を訪れ、講演、パネル、ディスカッション等をされ、学生は日々大きな刺激を受けています。

Jeff Raikes氏の講演は特に衝撃的でした。

氏の声の大きさ、響きは、聴衆の心を数秒でとらえました。

学生に対しては、農家の息子として生まれて何を学んだか、人生で一番大切だと思うことは何か、Appleでソフトウェアに対して情熱を感じるようになった経緯、マイクロソフトで学んだこと、といった氏自身のストーリーを語られました。

学生の間で、印象に残ったご発言をとりあげてみたいと思います。

「僕は、最初、農家のマネジメントを学びたくてスタンフォード大学に来た(来てみたらUndergraduateにはビジネススクールがなくて困られたそうです)。その後Appleでソフトウェアに情熱を感じるようになった。新しいソフトウェアを見せた時の人の顔の輝きに魅かれた。それで、マイクロソフトに転職することにした。スティーブバルマーは、文字とおりYellして口説いてきた。」

「昔僕は野球チームに所属していた。そのときのコーチは、今はメジャーリーグのあるチームで活躍している。彼と一晩話をしたことがある。僕は、『良いピッチャーを作り上げるのは何だと思うか』『良いキャッチャーを作り上げるのは何だと思うか』といった質問をたくさん彼に投げかけた。彼は、それぞれの質問に対して、『それは、3つの要素で、これとこれとこれだ』といったように非常にシンプルに応えていた。マジメントの本質がここにある。マジメントをする者は、シンプルな言葉で本質をとらえる必要がある。もちろん細かい枝葉の重要性を否定するわけではないが、シンプルな言葉でそれを伝えられないと人はついてこない」

「僕が、マクロソフトとゲイツファウンデーションで学んだ3つのことを教えよう。1つ目は、Work Balanceだ。どんな仕事にも面白い部分と面白くない部分がある。農家の息子として、僕は、このことを早く学び、面白くない仕事をしているときには、そのうち面白い仕事に変わる、と思えるようになった。ビジネススクールを卒業してすぐの学生は、何でも出来ると思っているので、面白くない仕事をしたときのストレスで失敗する人が多い。2つ目は、Prioritizationだ。君たちは、自分が何でも出来ると思っているだろう。そこで何にでも手を出してしまうと、結局最後は何もできない人になる。自分が最もパッションを感じるもので、世の中にValueを生み出せるものを見つけて、それを徹底的に追及するべきだ。その際には、うまく戦略をたてて、Prioritizationをしながら行動すべきだ。3つ目は、Work Life Balanceだ。仕事のほかに、ボランティア・家庭・レジャーは、とても大切だ。自分の中でPrioritizationをしつつ、Work Life Balanceをすべきだ。それが、長い目で見たときの成功につながると思う」

非常に分かりやすく、本質をついた講演でしたので、終了時には拍手喝采でした。

3 件のコメント:

orange さんのコメント...

Y.I.さん

初めまして、スティーブ・フィッシャーと申します。Y.I.さんのブログをよく読ませていただいているのですが、とても良い内容の素敵なブログですので、ぜひスポンサーをさせていただければと思いまして、ご連絡を差し上げました。

私は、大学院やMBA留学のサポート会社を経営しており、今年で9年目になります。今まで、800人以上の日本人の方がアメリカやヨーロッパなどに留学なさるのをお手伝いしてきました。当社のHPはこちらになります:

http://www.daigakuinryugaku.com/

また、こちらのページに私のプロフィールも掲載しておりますので、よろしければご覧になってみてください:

http://www.daigakuinryugaku.com/page4.html

Y.I.さんのブログを読ませていただいたところ、たくさんのスポンサーリンクがついていますが、そのスポンサーからY.I.さんが謝礼を得ることはないかと思います。ですが、私がスポンサーになった場合は、掲載に対する料金をY.I.さんに直接お支払いいたします。

当社は今まで、インターネットの検索エンジンとお客様同士の口コミという、2つの大きな広報の手段を使ってきました。そのため広報の費用を低く抑えることができ、お客様に手頃な価格のサポートを提供できていました。今後もお客様に手頃な価格のサポートを提供するために、コストを抑えられる新たな広報手段を考えたところ、大学院やMBA留学に関するブログの中でも、Y.I.さんの「Stanford MBAに留学する」のように、影響力の大きいブログのスポンサーをさせていただくことを思いついた次第です。

スポンサーの記載方法ですが、ブログの横にひとつか、もしくは各ブログの末尾に載せていただければと思います。位置についてはY.I.さんのご希望に合わせます。コンテンツの内容には柔軟に対応いたしますが、例えば「Ivy League Consultingはこのブログのスポンサーをしています」というように、短く一文に収めさせていただきます。Y.I.さんのブログの信頼性を保つためにも、当社がスポンサーであることはオープンにしたいと考えています。

もしご関心がおありでしたら、記載場所や料金のご希望をお聞かせいただければと思います。メール、Skype、電話、いずれの方法でもかまいません。どうぞよろしくお願い致します。

スティーブ・フィッシャー

===================================
Ivy League Consulting - Elite Application Support
Web: http://www.daigakuinryugaku.com/
Email: ivy@daigakuinryugaku.com
Phone: 03-3441-8686

Yuma さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
Yuma さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。